HOME > 留学Q&A > アメリカの大学は入学してからの勉強が大変だと聞いていますが、ついていけるでしょうか。

アメリカの大学は入学してからの勉強が大変だと聞いていますが、ついていけるでしょうか。

はい、その通りです。日本の大学と比較して、アメリカの大学のほうが入学しやすいといわれますが、アメリカの大学は入学してからが本当に大変なのです。というのも、ほとんどの大学は在学中に一定の成績を維持していなければ自動的に退学となってしまうのです。授業も先生から生徒への一方通行ではなく、積極的な発言が求められますし、課題としてプレゼンテーションを求められることも多々あります。テストの得点だけでなく、授業中の発言などによる参加度も成績を大きく左右するので、英語でハンディキャップのある留学生が授業に付いていくのは本当に大変なことなのです。アメリカ人の生徒でもついていけずにドロップアウトする人々がたくさんいます。 したがって、アメリカの大学で学ぼうと決心した以上、厳しい道のりになることを覚悟しておいてください。
ただしアメリカの場合、ミスをしても全然恥ずかしくないので、例えついていけなくてドロップアウトしても何度もやり直しがききます。したがって、ミスを恐れずに努力すれば、自ずとついていけるようになると思います。確かに日本に比べて卒業するのは大変かもしれません。しかしながら大変だからこそ目的を達成させたときの感動もまたひとしおです。もちろんIGEが現地で徹底的にサポートしますので、是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。