HOME > 留学体験記 > Airline and Travel Careers専攻 卒業!

留学体験 - 久徳貴子さん

IMG_5888 (1)

Airline and Travel Careers専攻 卒業!

久徳貴子さん
Airline and Travel Careers専攻して、ついに2016年に卒業できました。

 

2016年の春セメスターは、私にとってOCCで最後のセメスターでした。私の所属するAirline and Travel Careersメジャーでは、自分の最後のセメスターに、デルタ航空でインターンシップをすることになっています。空港のロビーでお客様をお迎えし、チェックインのお手伝いをし、何か質問をされればお答えし、お客様に空港で快適な時間を過ごしてもらえるようにすることが私の役目でした。インターンが始まる前は、私なんかが英語で接客できるだろうか、他にクラスを4つも取っているのに合計240時間も働けるだろうか、など不安なことばかりでした。

 

0001

 

インターン中は、毎朝いろいろな人に会うことができたり、「あなたが居てくれてよかった。」と感謝されたり、嬉しいことがたくさんありました。その反面、お客様と接することは簡単ではなく、何気なく発した言葉の影響力の大きさを実感しました。体力的にも精神的にも辛いことはたくさんありましたが、この経験を通して私が思ったことは、自分が本当に好きなことだったらどんなに大変な状況でも、惜しまずに努力することができると言うことです。これは、インターンシップだけでなく、私のアメリカでの生活すべてに共通することだと思います。

 

IMG_5911

 

私は、5月末にすべてのプログラムを無事に終了しOCCを卒業することができました。でも、卒業までの道のりは山も谷もたくさんありすぎて、何度弱気になったかわかりません。入学当初はクラスで発言することも出来ず、教授の言っていることを理解することに精一杯で、正直に言うと卒業できるとは思っていませんでした。でも、自分で決めたことを諦めたくはなかったし、なによりもそんな私のことを信じて支えてくれる方の為にも頑張ろうと思いました。もし諦めていたら、自分の好きなことを学べる環境や、いつも励ましあって勉強した友達、厳しいながらも私の成長に泣いてくれた教授、そして私のことを考えてくれる人がたくさんいることの有り難みをここまで実感することは出来なかったと思います。

 

いつも支えてくれた家族、友達、IGEのみなさんには感謝の気持ちで一杯です。アメリカでしか学べないことがたくさんあって、アメリカで学んだからこそ成長できて、昔は好きじゃなかった自分自身を、前よりとても好きになれました。卒業というのは始まりなので、アメリカで経験した様々なことを自信に変えて、まだまだこれから色々なことに挑戦していきたいです。

 

書類 079