HOME > 留学体験記 > ボストンの高校留学から名門のBoston Universityへ。

留学体験 - 城戸謙秀さん

kenshu-s

ボストンの高校留学から名門のBoston Universityへ。

城戸謙秀さん
ボストンの高校留学から、IGEと二人三脚で 高校を卒業。卒業後は名門ボストン大学へ留学。 日米で起業することが目標

日本の中学を卒業して、アメリカの高校に留学しようと決意した理由は、アメリカで自分の夢を果たすためと、だらだらとした自分自身を変えたいためでした。中学時代は、毎日両親に叱られてばかりの生活、自ら勉強することは殆どなく、テストの前日でもテレビの前に座ってなまけているだけの毎日でした。父と母から”勉強しろ”といわれてばかりでした。

中学二年の終わり頃、父の友人とお会いした時、留学の話を聞かせていただくチャンスがありました。その時、自分もアメリカに留学して、自分自身の可能性に挑戦したいと思う様になりました。その事を、父と母に話した所、「行ってこい」と快諾してもらい、あわただしくアメリカ留学の準備を始めました。

アメリカに行くにあったての大きな課題は英語力。中学当時の英語の成績は下から数えた方が早い有様。両親もものすごく心配し、あわてて、駅前にある英語教室に通うことになりました。しかし、あわてて英語を勉強しても身に付くわけではなく、出願したボストンの私立高校三校ともダメでした。

そこで、IGE平田社長より、中学を卒後した4月からアメリカの高校の入学である9月までの間に英語力をつけ、再度、チャレンジするよう激励されました。ということで、ボストンにホームスティをし、語学学校へ通い、英語漬けの日々が始まりました。これは一生忘れる事ができない出来事ですが、語学学校の初日、学校のカウンセラーから、「君のような低いTOFLEスコアは、当校、始まって以来」と絶句されたことです。

私は、ショックでしたが、逆に、それをバネにして、頑張ろうと決意しました。自分の語学力を考慮して頂き、ボストンに同行して頂いたIGE平田社長と語学学校との面談で、自分にカスタマイズしたカリキュラムを作って頂き、勉強に励む事ができました。
そして、英語の特訓の結果、あきらめかけていた九月入学にも、ほんの少しの光が見えてくるようになりました。しかし、七月の半ばに面接を受けた高校は、全て不合格でした。そのとき自分自身に腹が立ち、思わず泣き出しました、勉強のことで悔し泣きをしたのは、その時が初めてでした。

この時点で、9月入学が間に合う高校を平田社長に探して頂き、その高校にチャレンジしました。その結果、平田社長の交渉のおかげもあり、NewHampshire州にある名門のBrewster Academyに入学することができました。入学の日には、両親と平田さんご夫婦にも参加していただきました。あの時の気持ちは今でも忘れません。

1年たった今、日本では考えもつかないほど勉強に打ち込むようになれました。1年生の最終学期と、2年生の1学期と連続して、優等賞を取る事ができました。叉、生徒会委員にも推薦され、次の学期には生徒会委員に立候補することも決めました。ここまで努力してこられたのも私の家族はもちろんのこと、平田社長を始めとして、自分を支えてくださった方々のおかげです。又、その期待に答えようとする自分があったからこそここまでがんばってこられました。

現在の僕の目標は、アメリカの一流大学でコンピューターを勉強し、大学を卒業したら、アメリカで起業したいと思っています。そして、アメリカ国内だけでなく、世界中の人達とビジネスをやりたいと思っています。この夢は、絶対に実現させます。