HOME > 留学体験記 > 沢山の出会い、感動、刺激

留学体験 - 大西絢奈さん

oonishi_main[1]

沢山の出会い、感動、刺激

大西絢奈さん
愛媛県出身。大学生。フィギュアスケート歴10年。 2012年5月のネバダ州立大学ピラティスプログラムに参加。

IGEの今回のピラティスインストラクター資格取得留学を決めたのは、申し込みの期限ギリギリでした。渡米自体が初めての事でとても不安でした。しかし、スタッフの方の親切な対応で不安な気持ちも和らぎ、安心して留学をすることができました。

私はフィギュアスケートを10年間してきました。選手時代はケガが絶えませんでした。選手を引退し今度は教える側、フィギュアスケートインストラクターになろうと思いました。生徒たちに、自分のように怪我で辛い思いをしてほしくない。そこでピラティスをトレーニングに組み込みたいと思い、ピラティスインストラクターの資格を取ろうと決意しました。

私の場合は1ヶ月弱、オレンジカウンティーで語学学校に通い、ホームステイをしました。その後ラスベガスのUNLVで3週間の資格講座を受けた後、約一か月インターンシップの為にUNLVの寮で過ごしました。オレンジカウンティーは、高級住宅街というだけあってとても綺麗で治安もよく、過ごしやすいです。また語学学校とホームステイを体験することで、アメリカの生活にも慣れることができました。

資格講座は基本的に昼過ぎには終わるので、午後はインターンシップに行ったり、自習をしたりしていました。ピラティスインストラクターの資格講座を教えて下さるDollyさんは、とても愛情の深い方で、ピラティスだけではなく、色々な大切なことを教えて頂きました。

ピラティス自体は日本でもあまり経験がありませんでしたが、勉強していく中で体に対する興味も湧き、3週間の講習でしたがとても充実していました。また英語に自信ができなくても日本人のスタッフの方が通訳をして下さるので、安心して授業を受けることができます。ピラティスの日本人スタッフの方々も本当に親切で気さくで素晴らしい方々ばかりです。

今回、アメリカで過ごした3ヵ月間は沢山の出会い、感動、刺激があり本当に私の人生の宝物です。(2012年7月)
<