HOME > 留学体験記 > 日本のハミ出し高校生から難関UCLAの学生へ

留学体験 - 浅黄 浩さん

t-hiroshi

日本のハミ出し高校生から難関UCLAの学生へ

浅黄 浩さん
UCLAデザイン科卒 東京出身。東京在住。

中学・高校時代はいわゆる「ハミ出し生徒」。高校生活もようやく半分を過ぎた頃、さすがに「このままではヤバイ」と思い始めました。真剣に自分の将来について考えてみて、もともと父の仕事(広告)関係でデザインには興味があったこと、今までとは全く違った環境でゼロから自分を試したかったことから、「それじゅ、アメリカにいこう!」と決めたのです。神様のお告げみたいなものですね。

そうなると人間は何でもできるもので、自分でも驚くほどすばやく行動し、すぐにアメリカのコミュニティカレッジに留学しました。ロスの空港に着いたとき「もう後はない、やるしかないんだ」と感じたのを良く覚えています。

「人生これからだ!」と新たに決意し、必死に勉強しました。成績も上がり超難関のUCLAデザイン科に入学できました。UCLA時代は、さすがに勉学の面で厳しいものがありましたが、これを乗り切ったことで、「これから一人で、どこでもやって行けるぞ!」という自信を持つことができました。

アメリカの素晴らしいところは、過去や現在に関係なく、努力さえすれば扉はいくつでも開かれているところだと思います。

日本に帰ってからは、少しでもこの経験が若い方のお役に立てばと思い、自分のビジネスと同時にIGEのカウンセラーを務めています。

「過去を振り返るより、未来に挑戦」がいつも自分のモットーでした。この気持ちで留学を志す皆さんを応援したいと思います!