HOME > 留学体験記 > アメリカ大学留学 超難関大学へ合格

留学体験 - 柴崎星太さん

柴崎くん

アメリカ大学留学 超難関大学へ合格

柴崎星太さん
中学時代から不登校に。中学三年生の時、アメリカ留学。高校留学後は、オールAに。高校は2年で飛び級で大学へ進学。Orange Coast Collegeを経て、UCバークレーを目指した超難関UCLAの3年生に合格

2011年2月、私はOrangeにあるEldorado Emersonという小学~高校までの一貫校へ留学しました。特に大きな目標があったわけでも無かったのですが、母親が不登校を克服させようと、留学させました。

約1年間、語学学校で英語を勉強し、Eldorado-Emersonの高等部に留学しました。高等部にに2年間いましたが、考えられないくらい沢山の変化を経験しました。最初の半年では学校に行く意義を全く見いだせず、苦痛を感じることのほうが多かったように思いましたが、学校の自由な雰囲気が好きになったことと、勉強が面白く感じられるようになり、オールAの成績になりました。

特に、半年を過ぎたころから英語が理解できるようになり、それに伴い、成績もグングン上がりました。今まで難しいと思っていたことが、英語が理解できるようになるだけで全てがとても簡単に思えました。

そこで、私は全ての教科でAを取ろうと考え実行しました。結果としてはこれに成功。そうしたら、勉強だけでなく、生活する上でも世界が明るくなったような感じがしました。

2年生でも同じようにオールAを取り、2年間を飛び級で卒業して、Orange Coast College(OCC)というコミュニティカレッジに入学しました。OCCに入学してからは、UCLAを目標に定め、2年後、見事に合格しました。

柴崎くん2

そうしたら欲が出てきて、超難関のUC Berkeleyに入りたくなり、OCCを一年延長して勉強し、UC Berkleyを目指しました。

結果的には、この9月から、UCLAに進学することになりました。Political Science(政治学)を専攻する予定です。政治学を選んだ理由は、国家の道筋を決める法律を作ったり、国の未来を決める政治的な活動に面白さを感じたからです。

6年間住んだオレンジカウンティから引っ越しますが、新しい環境で学べることを楽しみにしています。

(2017年6月掲載)