HOME > IGE スタッフ・ブログ 一覧 > 全米第3の都市シカゴの語学学校訪問記 – Vol.003

2015年6月9日

全米第3の都市シカゴの語学学校訪問記 – Vol.003

Chicago City
シカゴはアメリカ第3の大きな都市です。ニューヨークやカリフォルニアに比べると日本人留学生の割合は少ないので、日本人の余りいない地域にアメリカ留学したい、という学生にはお薦めです。そのため、このブログで少しずつシカゴにある語学学校やアメリカの大学を紹介していきたいと思います。シカゴはバスや電車などの公共交通システムが発達しているので、留学生にもとても優しい街です。

ロケーション最高の語学学校Intrax

今回は短期語学留学、コミカレ留学、大学留学、そして大学院留学やインターンシップ留学などアメリカ留学を考えている方におすすめのシカゴの語学学校からIntrax Chicagoを紹介します。

Intraxはサンディエゴ、サンフランシスコにも校舎のある語学学校です。Chicago校は観光でも有名なミシガン通りにあり、駅にも歩いて5分という絶好の立地条件です。校舎の向かいは公園になっていて、シカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)も歩いてすぐのところにあります。

充実したIntrax の英語研修プログラム

Chicago語学学校
語学学校のレベルは1から10まであり、平均クラス人数は10名程度で多くても14人までの少人数クラスを徹底しています。そのため、教師との距離も近く、各学生のニーズに合わせたクラスが運営されています。
Intraxではコミカレ留学や大学留学を目指している学生には嬉しいPathway Programを設けています。これはIntrax Chicagoで一定のレベルを終了すると提携先のコミカレや大学にTOEFLの点数無しで進学できるというものです。この様なプログラムを利用してコミカレ留学や大学留学を目指す学生には大学に進学後に必要なアカデミックライティングやプレゼンのスキルを習得できる様な準備クラスもあります。

アメリカでインターンシップのチャンス

Intraxで面白いプログラムは語学だけでなく、インターンシップ留学を希望する学生に魅力的なCareer Preparation Activityです。語学学校の授業に加え、レベル7以上であれば週10時間から15時間の間、Host Companyでボランティア・インターンの経験ができるのです。学生ビザで行うので、無償のインターンシップですが、実際にアメリカの会社で働く経験ができ、終了後は推薦書を書いてもらえたり、語学プラスαの留学を考えている学生にはとても良い機会が得られます。

Professional Certificatesのプログラムもあり、資格取得留学を目指している学生に人気です。レベル7以上の英語力があれば、Business Management、Marketing and Advertisement、そしてProject Managementなどビジネス系の修了証を取得できるため、ビジネスでキャリアアップを目指す学生に最適です。英語でのプレゼンスキルを学んだり、履歴書にも記載できるプロジェクトを行ったり、またアメリカ人のプロフェッショナルの講義など盛りだくさんのプログラムです。

日本人が少なく本気の語学留学の候補として

Chicago語学学校
この様に語学留学はもちろん、コミカレ留学、大学留学、大学院留学、そしてインターンシップ留学など多岐にわたったアメリカ留学を目指す学生のニーズを満たすプログラムが満載のIntrax Chicagoです。平均生徒数は250~350と季節によって異なりますが、年間を通して日本人の数は10数名程度です。日本人の少ない地域への留学を希望しているが、できれば都市での生活を体験したい、という方にはお薦めです!

IGEスタッフ Sachiko

LINEで送る