HOME > 留学を目的から選ぶ > アメリカ西海岸リハビリ研修

アメリカ西海岸リハビリ研修

リハビリページ2

アメリカのリハビリは世界最先端と言われており、研修のために世界中から研究者、医療関係者、それに大学生が集まります。リハビリといっても、その範囲は広く、理学療法、作業療法、スポーツトレーナー、嚥下、高齢者のリハビリ、脳性麻痺、自閉症、発達障害等さまざまな種類があります。施設の多くは、日本ではなかなか見られないほど最先端です

IGEでは、その中でも特に世界有数の施設や教育機関を選んで、毎年、研修を行っています。IGEのリハビリ研修は、リハビリ・カレッジ島根様の研修として、2010年から、毎年、開催せていただいているものですが、2013年以降は、他の大学、病院、クリニックからの参加によって、年々、充実しています。日本のリハビリ関係者の方々は、この機会に、是非、参加してみてはいかがでしょうか?

アメリカと日本のリハビリテーションの違い

アメリカでリハビリテーションに関わるスタッフは、すべてが大学院卒業のプロです。そして、設備や機材の研究・開発が非常に盛んなため、世界最先端の設備、といわれている所以です。
例えば、理学療法士は、日本では最短で3年間で資格が取れますが、アメリカでは大学院で博士号を取得しなければなりません。従って、医者になるのと同じ6年以上の教育が必要です。当然、理学療法士としての地位も確立されており、30歳の平均年収は7万~9万ドルと言われています(U.S. Salary Survey)。

プログラム

2017年度研修写真集2010年~2016年抜粋版を参照ください。プログラムは、参加者のご希望によって、毎年、多少のカスタマイズが可能です。カスタマイズご希望の方は、出発の3週間前までにお知らせください。

0032_xlarge

2017年度研修:USC (私立の名門、南カリフォルニア大学)作業療法・大学院との交流会

研修の時期

研修の開催時期は、春(3月)と秋(9月)の年2回で、毎年定員になり次第、募集を締め切らせて頂いています。募集は、弊社ホームページと説明会で行っています。

リハビリページ5

 

 

世界から研修生が集まる世界の最先端施設、

Rancho Amigos National Reheb. Center2017年度の参加者

 

 

 

 

研修費用

価格は、別途、価格表を参照ください。またお問合せフォームにてご連絡ください。

費用に含まれるもの

  • 研修の送迎、随行、通訳現地サービスと、緊急時、24時間電話対応
  • 空港ピックアップ
  • オリエンテーション
  • ホテル宿泊費(含・朝食)

費用に含まれないもの

  • 日米往復航空券
  • 海外旅行者保険
  • 滞在中の食事(昼食、夕食)。朝食はホテル代に含まれます。
  • ESTA申請
  • 空港までの帰りの交通費