HOME > 留学を目的から選ぶ > アメリカリハビリ研修

アメリカリハビリ研修

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3

アメリカではリハビリテーションの歴史は長く、第一次、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争など、20世紀に起こった幾多の戦争で傷ついた兵士を、どのようにしてアメリカ社会へ戻し適応させるかが大問題でした。それらが大きな社会的ニーズとなり、治療やリハビリ、職業訓練などの技術が発展したという歴史に根ざした背景があります。このような背景から、アメリカのリハビリの技術は著しい発展を続け、世界最先端となったのです。

こんな方にお勧め!

今後日本の医療関係分野で活躍したい方や、現在理学療法士や作業療法士、介護士、トレーナーの方など、より知識と技術を高め、日本に世界最先端のリハビリ技術を広めて行きたい方にお勧めのプログラムです。

アメリカと日本のリハビリテーションの違い

アメリカでリハビリテーションに関わるスタッフは、すべてがプロ中のプロといっても過言ではないほどのメンバー、そして世界一の施設を備えています。例えば、理学療法士の資格についていうと、リハビリテーションを担当する理学療法士は、日本では最短で3年で取れるのに対し、アメリカでは博士号を取得しなければならず、医者になるのと同じ6年以上の勉強が必要です。当然、アメリカでの理学療法士としての地位も確立されており、平均年収は9万ドルと言われています。理学療法士になるその過程、そしてその地位も、アメリカと日本では全く異なっていると言えます。

アメリカでのリハビリテーション研修の実績

IGEでは、毎年リハビリテーション研修を2010年より行っています。「このアメリカ研修があるから、この専門学校を志願した」、「この専門学校に入学して以来、アメリカ研修参加を楽しみにして勉強に励んだ」という声もあるほど大好評を頂いております。見たこともない機械や、丁寧に説明してくれる施設の方々、現場でリハビリに従事するスタッフの方々を見学、体験することにより、アメリカのリハビリがどれほど進んでいるかを目の当たりにすることになります。

研修の開催時期は、春(3月)と秋(9月)の年2回で、毎年定員になり次第、募集は締め切りとなりますが、募集期間中にはこの研修の説明会が開催されます。ご興味のある方は、IGEに直接お問い合わせいただくか、説明会への参加をお願いいたします。

参加者の体験談はこちらから

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4

サンプルスケジュール

AM PM 滞在方法
3/19 SUN LAX到着 IGEによるオリエンテーション ホテル
3/20 MON

Rancho Los Amigos Rehab.

(世界最大のリハビリセンター)

Regents Point

(高齢者のリハビリ研修)

ホテル
3/21 TUE

SCAR

(アスレティックトレーナー研修)

Chapman University

(アスレティックトレーナー研修)

ホテル
3/22 WED USC
University of Southern California研修
理学療法学部
作業療法学部
大学病院
ホテル
3/23 THU Stanbridge College
(様々な医療関連資格が取れる専門学校)
ラップアップ・ミーティング
終了証授与@IGE
ホテル
3/24 FRI ディズニーランド観光
ユニバーサル・スタジオ
観光や買い物など
7:30 PM
STAPLES Center
NBA(プロバスケットボール)観戦
ホテル
3/25 SAT LAX出発(翌日、日本到着)

滞在方法は、ホテルになります。
市内観光等は、ご希望に合わせてアレンジ致します。

費用に含まれるもの

以下のものが含まれます。

  • 空港送迎
  • 到着のオリエンテーション
  • 研修先での通訳
  • 現地サポート
  • 緊急時24時間電話対応
  • 友達の輪を広げるお手伝い

費用に含まれないもの

  • ホームステイの場合の滞在先斡旋費用(オプションサービス:$500)
  • ESTA申請手続き代行
  • 渡米時の航空券代、および、日本国内の移動交通費
  • 海外医療保険
  • 現地滞在費(ホームステイ、寮、生活費・食費などの私的費用)

 

訪問先写真集

2010年~2016年の写真集